近年静かなブームになっている”和紅茶”。
皆さんはご存じですか?
最後には京都の和紅茶の紹介もあるので、気になったものをぜひ味わってみて。

和紅茶とは?

和紅茶

和紅茶

日本産の茶葉を使い、国内で紅茶に加工されたお茶のことを"和紅茶"と呼ぶそうです。

「一般に昼夜の温度差が少なく、日照量も少ない、過酷でない環境で育つ日本の茶樹は、優しい味わいを持つようになります。そのままでほのかに甘みがあり、お茶に砂糖やミルクを足さない習慣を持つ日本人好みの味なんです。また、同じ理由で日本の水や食事と相性が良いので、和菓子や普段の食事にも合わせやすいといえます」
和紅茶と野菜菓子

和紅茶と野菜菓子

日本の食習慣にあう紅茶。ファンも続々増えているそうです。

また、身近に生産者の顔を見ることができる点も和紅茶の魅力のひとつ。
食の安全が問い質されている今、和紅茶に注目が集まるのも納得です。

和紅茶の生産者

和紅茶の生産者

作り手とつながりを感じるのも魅力。

日本の紅茶づくりの歴史

最近になって耳に入るようになった和紅茶。
実は、日本の紅茶づくりの歴史は明治の文明開化からはじまっていました。

岩倉使節団と和紅茶のつながり

岩倉使節団と和紅茶のつながり

日本で紅茶産業に目をつけたのは、明治初期、海外へ派遣された岩倉使節団が最初でした。

明治紅茶(1939) 和紅茶

明治紅茶(1939) 和紅茶

1939年明治製菓が出した国産紅茶の広告。

輸出品としてさかんに生産された国産紅茶ですが、第二次世界大戦後、海外との価格競争に負け、わが国で販売される紅茶は輸入品のものが多くなりました。

しかし近年、地産地消の取り組み等によって、国産の紅茶、"和紅茶"が見直され、再び脚光を集め始めています。

和紅茶 東京紅茶

和紅茶 東京紅茶

和紅茶の生産量は近年急激に増えているそうです。

鳥取の和紅茶

鳥取の和紅茶

各地で工夫を凝らした和紅茶が続々登場しています。
画像は、フレーバーにも国産の二十世紀梨を使用した一品。

京都の和紅茶をピックアップ!

ここでは数ある日本のお茶の産地から、宇治茶等で知られるお茶どころ・京都にスポットを当て、和紅茶の商品を紹介します。

関連するまとめ

独断と偏見による、京都の和菓子まとめ

美しく日本らしさの凝縮された京都ならではの和菓子について、まとめてみました。

masa / 2509 view

うどん県・香川県で、讃岐うどんを食べてみたい!

讃岐うどんは、香川県特産のうどんです。非常にコシが強いのが特徴で、なによりお値段が安くて美味しい讃岐うどんを…

namiyu / 2620 view

和菓子を作る素敵な2人組 日菓

京都を中心に活動をしている日菓のお二人。 そんなお二人の夏の作品をご紹介いたします。

Kamiyama / 1226 view

関連するキーワード