私のミニ名所

日比谷線の東銀座駅を出て、 昭和通りを日本橋方面に歩くと、クロネコヤマトの大きなビルが見える。このビルの1階に、小さなパン屋とカフェがある。青を基調にした店舗、 スワンベーカリーとスワンカフェである。

スワンベーカリー銀座店への地図

スワンベーカリー銀座店への地図

スワンベーカリー

店内には、50種類以上の焼きたてのパンやサンドイッチが並んでいる。見た目に趣向を凝らしたふっくらパンに、あれもこれもと迷ってしまう。 どのパンも、パサつきを抑え、とても食べやすい。

また、バースデーケーキ・クリスマスケーキなどのお祝いのケーキも含め、宅急便による通信販売を行っている。

スワンベーカリー銀座店の外観

スワンベーカリー銀座店の外観

スワンベーカリー銀座店の店内のようす

スワンベーカリー銀座店の店内のようす

スワンベーカリー銀座店人気ベスト10

1.  クリームパン ¥120

2.  レーズンロール ¥130

3.  フランク ¥140

4.  メロンパン ¥110

5.  グリュイエールチーズ&ハム ¥140

6.  田舎アンパン ¥120

7.  ピザベーコン ¥140

8.  チーズパン ¥120

9.  コーンマヨネーズ ¥130

10.  焼きカレー ¥120

スワンカフェ

ベーカリーの隣にあるスワンカフェは、昭和通りに面して全面ガラス張り、床はフローリング。 正面は注文を受けるカウンターとキッチンを並べて配置し、 両サイドのクリームイエローの壁にはモノクロームのポートレートや外国の街を撮影した写真が数葉飾られている。 明るく健康的なイメージと落ち着いた雰囲気を併せもち、客ばかりでなくスタッフにも居心地のよい空間になっている。

メニューは焼きたてのパンとホームメイドのサンドイッチを中心に、オリジナル・ブレンドのコーヒーを楽しめる。ディナータイムには、 カクテルやワインと、アラカルトなどのフードメニューもある。

こんなに素敵な店が、 「障害者のための就労施設」だと聞いたら、誰もが驚くだろう。このスワンベーカリーとスワンカフェ(株式会社スワン)は、 ヤマト福祉財団の全額出資によって経営されている。その名の通り、 このビルの持ち主であるヤマト運輸によって設立された財団である。理事長は「クロネコヤマトの宅急便」 の生みの親である小倉昌男氏。彼がどうして、このような財団と会社を興すに至ったのか。

通所訓練施設

心身に障害をお持ちの方が、養護学校を卒業したあとの暮らしをご存じだろうか。

企業に勤める方は例外で、大体は、「通所訓練施設」「作業所」と呼ばれるところに通うことになる。一例として、とある授産施設を挙げてみる。

農業を中心に、四季折々の野菜作りや、ビニールハウスでの鉢花作り等、環境を生かした作業や、駅前の文化会館にある、 喫茶コーナーの運営を行っている。 この喫茶コーナーで出すケーキやクッキーも、別の場所にある作業所で作っている。

ここで、彼らがひと月働いて、大体収入が1万から2万円くらい。他の施設では、5千円くらいのところもある。念を押すが、 ひと月の金額である。日給ではない。

これに、月額8万円程度の障害基礎年金を加えても、10万円を超える程度である。

自立した生活を送るのは難しいし、何より、働く喜びを感じられるのだろうか。

関連するまとめ

知ってみよう!感じてみよう!和歌山県の魅力。

南北に長い和歌山県は、海に囲まれ山々に恵まれた、自然豊かな土地。そんな意外と知らない、和歌山県を知ってみませ…

namiyu / 1967 view

【日本の本屋を調査】あの本屋って何が特徴??

普段、何げなく赴いている本屋さん。様々な書店がありますが、それぞれにどんな特徴があるのでしょう。今回は、紀伊…

namiyu / 771 view

1度は行きたい!?高知の日曜市

歴史ある高知県の日曜市。 気になるその、にぎわいは・・・?

Kamiyama / 1489 view

関連するキーワード